ウルトラ警備隊で最も私的な部分が描かれなかったキリヤマ隊長

AMIE 1/43 ウルトラセブン TDF PO-1 ポインター 後期型 完成品
AMIE 1/43 ウルトラセブン TDF PO-1 ポインター 後期型 完成品

by Amazon

他の隊員たちは私的な部分は描かれていたがキリヤマ隊長だけは…

ウルトラ警備隊の中で私的(プライベート)な部分が描かれることが最も少なかったのはキリヤマ隊長だと言っていいのではないでしょうか。

フルハシは北海道に住む母と姉が第24話『北へ還れ』で登場していますし、実家が牧場を営んでいることも明かされています。

そして、フルハシについては妹の友達だという夏彩子が奇麗な宝石(ダイモード鉱石)を贈ってくれるくらいに親密な関係だということも第39話~第40話『セブン暗殺計画 前篇・後編』で明かされていましたね。

ソガは第29話『ひとりぼっちの地球人』で南部冴子という京南大学に通う女子大生の婚約者がいて、彼女から「ソガ君」と呼ばれていることがわかっています。

アマギは第28話『700キロを突っ走れ!』で子供の頃に近所の花火工場が爆発した際に悲惨な現場を目撃したことによって爆発を極度に恐れるようになってしまったこと、第31話『悪魔の住む花』で特殊な血液型であることが明かされています。

私的な部分が最も多く描かれていたアンヌ

アンヌについては第8話『狙われた街』でメトロン星人の侵略計画(実験)に巻き込まれて叔父が亡くなったことが描かれ、叔父の未亡人や甥も登場しました。

そして、第44話『恐怖の超猿人』でアンヌがモンキーランドの真山博士と知り合いであることが明かされていましたし、当サイトの『アンヌの周囲の人間はなぜ事件によく巻き込まれたのか?』のページに書かせてもらっているようにアンヌの友人や友人の弟が何度も『ウルトラセブン』に登場しています。

また、さらにアンヌについては、『アンヌの祖父=友里源三郎博士は宇宙航空学の権威』のページに書かせてもらったように実際に『ウルトラセブン』作品中には登場しませんでしたが祖父である友里源三郎博士が宇宙航空学の権威である上に生化学の特別博士号も持っていると設定されてもいました。

ほとんど私的な部分が明かされていないキリヤマ隊長

キリヤマ隊長については

●第13話『V3から来た男』でV3のクラタ隊長と士官学校時代からの親友であるということ

●第35話『月世界の戦慄』で昔、クラタとともに宇宙で共闘し、ザンパ星人と戦い、全滅させたこと

などは明かされていますが……これは、いずれも私的な部分ではないですよね。

そして、キリヤマ隊長については、本当に私的な部分は部下であるウルトラ警備隊の隊員たちと違い、ほとんど何も明かされませんでした。

はたして、キリヤマ隊長はどのような「私」を持っていたのでしょうかね?

【2018年3月24日】

続けて地球防衛軍とウルトラ警備隊19『地球防衛軍の長官が絶大な権限を持つ理由』のページをご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます


このページのトップへ

トップページへ